誤った行動に気づき変える

スーツの人達

行動パターンを変える学問

nlpとは1970年代にリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーの2人が始めた心理療法です。nlpとは神経言語プログラミングのNeuro-Linguistic Programingの頭文字を取ったものです。神経、言語、プログラミングの相互作用によって人の言動を解き明かすというものです。nlpを学ぶ人は年々増えています。nlpの講座は現在の凝り固まった自分の思考では成長できない、理想の自分になれないと思っている人達が受講しています。nlpとは例えば、過去の出来事を思い出して嫌になることがあります。これが大きいとトラウマになってしまいます。過去の出来事はもう変えられないので、変えられないことが分かると悲しい気持ちになります。過去の出来事に対して受け取る反応を変えていくのがnlpで学べることなのです。すべての人が今よりよい自分になりたい、成長したいと考えています。成長するには、スキル、経験、信念、価値観、人間関係、時間、お金と言ったリソースが必要になりますが、そのリソースはすでに皆が自分の中に持っています。後は行動に移すかどうかなのです。行動を止めてしまうのが心理的なブロックになります。お金がない、時間がない、もう年だからなどといった心理ブレーキが行動を止めてしまいます。私たちは現実社会を省略、歪曲、一般化して見ています。とくに大人になるとゆがんだものの見方をする人も増えてきます。これは、成長過程で、怒られたり、非難を受けたりした経験により、否定的な物の見方が出来上がってきます。最初はだれでも正しい行動はできません。間違っていると気づけば、それを正していくことができます。正しい自分の行動を積み重ねていけば、意識しなくてもそれができるようになります。nlpとは自分の間違った認識を行動によって変えていくことができるようになることを学べる学問なのです。

美味しいものを作る

パティシエ

パティシエを目指すのであれば、知識や技術などを身に付けることが必要不可欠となります。そのため、本格的な勉強ができる製菓高校へ行くとよいでしょう。製菓高校では、お菓子作りだけでなく、料理や職に関するマナーなど様々なことをプロから学べます。

国家試験に合格する早道

大学生

社会福祉士を目指す場合、国家試験を受けることが大切になりますが。この試験を受けるためには学校に通って勉強する必要がありますが、人によって社会福祉士の目指し方は異なります。

話す聴くの回復に努める

カウンセリング

言語聴覚士は、障害やケガを負った人に対して言語能力や聴覚能力の回復を援助する職業です。さらに食べる、飲み込むという動作の回復も援助します。しかし、言語聴覚士は国家資格が必要です。養成課程のある大学や短大、専門学校で学ぶことで国家資格を得ることができます。中でも専門性が高く受験対策に優れた専門学校の人気が高いです。